電子タバコ

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンを吸ってみた感想をレビューしてみる

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンをレビュー

CBDに興味がある人なら一度は聞いたことがあるであろう、CBDブランドAztec(アステカ)

しかし、ひとえにAztec(アステカ)と言っても、数多くのCBD製品を展開しており、どれを選んでいいか迷っている人も多いだろう。そんなCBD初心者にオススメしたいのがAztec(アステカ)の使い捨てCBDペンだ。

ってことで今回は、 Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンについての情報や実際に吸ってみた感想を詳しく紹介していく。

愛煙犬

使い捨てなら面倒な操作や作業が無いもんな

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンとは?

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンとは?

まず、使い捨てCBDペンについての前に、Aztec(アステカ)についてざっくりとおさらいしておこう。

Aztec(アステカ)は、イギリスのロンドンに本社を持つ、ヨーロッパで人気No.1CBDブランドだ。農薬を一切使わない有機栽培の原料とし、安全で最高品質のCBD製品を提供している。

まあ、海外の本格派って認識でいいと思う。そんなAztec(アステカ)が、CBD初心者のために販売開始したのが、この使い捨てCBDペンってわけ。

使い捨てCBDペンなら、面倒な操作などなくただただ吸うだけで、CBD濃度10%のリキッドを楽しむことができる。まさしく、初めてのCBDやCBD初心者にうってつけの商品っわけだ。

フレーバーは2種類

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンのフレーバーは、[O.G.Kush(オージークッシュ)]と[Pineapple Express(パイナップルエクスプレス)]の2種類。

ブロードスペクトラム製法で抽出された成分に、VG,PGと天然テルペンを配合し再生されている。CBDの他にもレアカンナビノイドも含み、他には真似できない高いクオリティーを実現している。

愛煙犬

色々なフレーバーを楽しむのではなく、本格的なCBDを楽しんでみてくれって感じかな

販売価格/値段

使い捨てCBDペン2,420円(税込)

Aztec(アステカ)の使い捨てCBDペンの販売価格は、2,420円となっている。

濃度10%のCBDが50mg含有されていて、2,480円ならお手頃価格な部類なんじゃないだろうか?もちろん、リキッドのみのコスパで考えると、もっといいものがあるだろうが、使い捨てCBDペンの部類なら、最安級なのは間違いない。

害はあるの?安全性について

Aztec(アステカ)の安全性
  1. 厚生労働省への書類確認
  2. 検疫所への食品等輸入届出書などの提出
  3. 税関への製品分析証明書、製造工程表
  4. 食品等輸入届出書、宣誓書などの提出や製品検査
  5. 税関の輸入許可

CBDは、大麻に含まれる成分であることから、その安全性を気にしている人も多い。ただ、日本の法律で禁止されている成分は、THCと言われる成分で、CBD成分には何の問題もない。

もちろん、Aztec(アステカ)の製品も日本で販売するために、第三者機関の試験によりTHC成分は非検出である事が証明されており。さらに様々な許可を得ていて販売されている。

愛煙犬

安心してCBDを楽しめるってわけだな

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンの口コミや評判をcheck✔

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンの口コミや評判

良い評判と口コミ

  • かなりリラックスできた
  • 値段が安くてありがたい
  • 吸いやすく、味も美味しい
  • よく寝られるようになった

悪い評判と口コミ

  • CBD感がよく分からなかった
  • 少しむせてしまう
  • お試しレベルだと思う

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンを吸ってみる前に、口コミや評判を調べ、まとめてみた。

まあ、CBDを初めて使用する人や初心者には、使いやすくCBD感を得られると好評と言えるだろう。逆に、普段からCBDを吸っている人なんかだと、CBD感が分からないなどの意見もあるようだ。

愛煙犬

今じゃCBD濃度60%とかの商品もあるので、それを吸っている人からしたら、物足りないのかもしれない

【レビュー】Aztec(アステカ)使い捨てCBDペン吸ってみた

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンのパッケージ

今回は、Aztec(アステカ)の使い捨てCBDペン[O.G.Kush(オージークッシュ)][Pineapple Express(パイナップルエクスプレス)]2種類とも購入してみた。

デバイス本体がペン型なので、パッケージも長ぼそい丸形の形状となっている。パッケージの外観にCBD濃度やフレーバーの表記が書かれているようだ。

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペン

取り出してみると、使い捨てCBDペン本体のみが入っている。デザインも、Aztecのロゴが入っているのみで、至ってシンプル。特徴があるとすれば、リキッド部分が透明になっていることぐらいだろうか。

使い方

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペン吸い口

Aztec(アステカ)の使い捨てCBDペンに関しては、使い方も何もない。ただただ吸うだけ。

蒸気が出なくなると終わりの合図で、あとは廃棄すればいいだけと簡単使用だ。

ただ注意して欲しいのが、CBDの吸い方は、たばことは違い、吸いこんだ蒸気をすぐ吐き出さず、10秒ほど肺に溜め込む必要がある。

そうしないと、満足できるCBD感を得ることができないので、これだけは覚えておいて欲しい。

どれくらい吸えるのか?

どれくらい吸えるのか?
約150回~200回

「どれくらい吸えるのか?」についてだが、人によって多少の違いは出るが、実際に私が吸ってみて感じだと、約150回~200回程度ってところだろう。

たばこの代わりに吸っていると1日でなくなってしまいそうな回数だ。ただ、CBDはたばこやVAPEみたいにスパスパ吸っていると、お金がいくらあっても足りない….

リラックスしたいときや寝る前に、深めに3回ほど吸うことをオススメする。

愛煙犬

私は、寝る前に吸っているぞ

O.G.Kush(オージークッシュ)を吸ってみた感想

Aztecの使い捨てCBDペンのオージークッシュ

まずは、O.G.Kush(オージークッシュ)を吸ってみた。

O.G.Kush(オージークッシュ)と言えば、CBDリキッドでも代表的と言えるフレーバーだ。大体は草っぽい味がするのだが、Aztec(アステカ)のO.G.Kushは、それほど草っぽさは強くない。

草っぽくないのが、いいのかどうか?は置いといて、ほとんどの人が楽しめるフレーバーになっているとは思う。

Pineapple Express(パイナップルエクスプレス)を吸ってみた感想

Aztecの使い捨てCBDペンのパイナップルエクスプレス

お次は、Pineapple Express(パイナップルエクスプレス)。

パイナップルの名が付いているが、決してパイナップル味ってわけじゃなく、この名前に麻の品種があるらしい…

まあ、Aztec(アステカ)のPineapple Expressもフルーティーで吸いやすいのが特徴。味わいを楽しむ分でも優秀なフレーバーだと思う。

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンの評価

Aztec使い捨てCBDペンの評価

GREEN BULLDOG

感じられるCBD感

フレーバーも美味しい

手軽にCBDが吸える

6

CBD感

7

味と香り

8

使用感

7

総合評価

CBD感もそこそこ

CBD濃度10%と、高濃度とは言えない濃度だが、これが品質ってことなんだろうか?他のCBD濃度10%製品と比べると、CBD感を感じることができた。

普段からCBDをガンガン摂取している人ならいざ知らず、CBDを初めて試す人なら、「これがCBDか!」ぐらいの、CBD感は十分あると思う。

フレーバーは本格的

CBDのリキッドって、あんまり美味しいって感じのフレーバーは無いイメージだが、Aztec(アステカ)のフレーバは本当に美味い。

ただし、美味いからと言って吸い過ぎないように注意が必要だ。

使い捨てなのはやはり楽

やはり使い捨てタイプは、管理が楽でいい。

普段からVAPEを利用している私でさえ、リキッドの注入やアトマイザーの交換などは面倒で仕方ない。

その点、吸うだけの使い捨てタイプなら、何も気にせずCBDを楽しむことができる。これは、初心者なら尚更ありがたいんじゃないだろうか。

Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンまとめ┃こんな人におすすめ!

こんな人にオススメ
  • 本格CBDを気軽に試したい
  • でもCBD感は感じたい

今回は、Aztec(アステカ)使い捨てCBDペンについて詳しく紹介してみた。

CBD濃度10%ながらも、まずまずのCBD感を感じることができるし、使い捨てタイプなので、ただ吸えばいいだけなのは、本当にありがたい。

初めてCBDを試すなら、このAztec(アステカ)使い捨てCBDペンを試しておけば、間違いないと思う。

関連記事