Vuse Go 700(ビューズゴー)をレビュー。正直に評価していこうと思う。

Vuse Go 700(ビューズ・ゴー・700)をレビュー

BATジャパンから電子タバコ(ベイプ)『Vuse Go 700(ビューズ・ゴー・700)』の販売が開始された。

テスト販売を経て、ユーザーの声をもとに改善し、さらなる進化を遂げたVuse Go 700(ビューズゴー)。販売開始してから間もないが、「美味しい」や「吸いごたえがある」など、口コミや評判は上々のようだ。

そんな話題のVuse Go 700。本当のところは、「どんな味わいなのか?」「吸いごたえはどうなのか?」気になる人は多いはず!

ってことで今回は、Vuse Go 700について、口コミや評判を調査し、実際に吸ってみて評価していくので、よかったら参考にしてみて欲しい。

この記事でわかること
  • Vuse Go 700を使った人の口コミや評判
  • Vuse Go 700の詳細レビュー
  • Vuse Go 700を実際に使ってみての評価
愛煙犬

東京都内のファミリーマートでも買えるようになるらしいな

Vuse Go 700(ビューズ・ゴー・700)とは?

Vuse Go 700(ビューズ・ゴー・700)概要

Vuse(ビューズ)と言えば、2013年にアメリカで誕生した、BATグループのベイプブランド。その人気は確かなものでベイプ製品市場で約80%を占める、アメリカ、カナダ、フランス、イギリス、ドイツの各市場においてトップブランドの地位を築いている。

その証拠に、2022年4月における、メーカー希望小売価格に基づく米国ベイプ市場の売上シェアにおいてVuse(ビューズ)が見事1位を獲得しており、その確固たる人気は証明済み。

そんなBATグループであるVuse(ビューズ)の製品を日本で販売網を持っているBATジャパンが販売するってわけ。

ただし、Vuse(ビューズ)のメイン商品は、日本での販売が禁止されているニコチンが含まれるリキッドの話なので、私達日本人がイメージするベイプとは少し違うってことは理解しておいた方がいいかもしれない。

まあ、市場規模を考えても、日本のベイプよりも技術は進んでいるのは間違いないし、期待できるベイプなのは間違いないだろう。

Vuse Go 700(ビューズ・ゴー・700)の特徴

Vuse Go 700(ビューズゴー)の特徴

今回販売開始される、Vuse Go 700は、使い捨てモデルのベイプとなっており、Vuse(ビューズ)のベイプ商品で初心者向けのモデルと思って問題ないだろう。

このVuse Go 700は、2023年4月にVuse Goとしてテスト販売され、約2ヶ月間で1万本が完売。約90%のユーザーから「今後も購入したい」と高評価を得ている

さらに!ユーザーから届いた改善点をもとに、パフ数や使用体験が強化された新モデルとしてVuse Go 700が販売されることになった。

まあ簡単な話し、ただでさえ、美味しくて使いやすいベイプだったのに、さらに進化して販売開始されたってわけだ。とにかく、電子タバコ(ベイプ)を初めて吸う人にはピッタリなモデルだと言えるんじゃないだろうか?

愛煙犬

それじゃあ、Vuse Go 700の特徴を見てみよう

0%ニコチン、100%フレーバー

0%ニコチン、100%フレーバー

もちろん日本で販売されるVuse Go 700はニコチン0。流石はBAT、販売するにあたり、しっかりと国内の調査機関からニコチンゼロの認証を取得しているようだ。

100%フレーバーに意味については、正直よく分からないが、市場シェア全米NO1であるホンモノのフレーバーを楽しめるのは間違いないだろう。

グローバルレベルのサイエンスによる品質

世界が認めたベイプブランド

Vuseは、グローバルレベルの最先端の科学技術を追求し生まれ、各国で多くのお客様に愛用される全米No.1のベイプブランド。

そんな、大手ベイプブランドのVuseだからこその、品質に対する絶対的な安心感があると思う。

パフ数増加、持ち運び簡単。吸い込みレベルも調節可能に。

パフ数増加、持ち運び簡単。吸い込みレベルも調節可能に。

Vuse Go 700は、使い捨てモデルなので、使い方はカンタン。開封後すぐに使えて、持ち運びに便利なコンパクトなデバイスながら約700回の吸引可能と長持ち。

吸引回数もテスト販売の時は、500回だったのが700回に増加しているうえ、Airflowコントロール機能(吸い込みレベル調整機能)も搭載し、より便利になっている。

愛煙犬

まあ、最近は大容量の使い捨てベイプも結構あるけどな…

フレーバーは4種類

Vuse Go 700のフレーバー一覧

Vuse Go 700フレーバー一覧

  • ビューズ・ゴー・700・ ミント・アイス​
  • ビューズ・ゴー・700・ グレープ・アイス​
  • ビューズ・ゴー・700・​ クラシック・レギュラー
  • ビューズ・ゴー・700・グリーン・アップル​
  • ビューズ・ゴー・700・ストロベリー・アイス​
  • ビューズ・ゴー・700・ マンゴー・アイス​
  • ビューズ・ゴー・700・ ブルーベリー・アイス​​
  • ビューズ・ゴー・700・スイカ・アイス

Vuse Go 700のフレーバーは、販売開始当初、4種類しか販売されていなかったが、新たに4種類追加され、現在は8種類販売されている。

甘めのフレーバーからシンプルなフレーバーまで一通り揃っているので、あなたの好みの味わいと香りがきっと見つけることが出来るはず。

これからの新フレーバーが追加されるのか?については、既に海外のVuse Go 700と同じフレーバーが出揃っているので、当分の間は無いと思っている。

愛煙犬

美味しそうなフレーバーが揃っているな

販売価格/値段

商品名販売価格(税込)
Vuse Go(ビューズゴー)980円

Vuse Go 700の販売価格は980円となっている。まあ、使い捨てベイプでは平均的な価格設定と言えるが、決してお得感がある価格では無いと思う。

正直なところ、もっと安い使い捨てベイプは存在するので、味わいと認知度で勝負する気ということなのだろう。

愛煙犬

まあ、700回吸えて1,000円なら許容範囲だな

Vuse Go 700(ビューズ・ゴー・700)の口コミや評判をチェック✔

Vuse Go 700(ビューズ・ゴー・700)の口コミや評判
良い口コミと評判
  • Vuse Go 700うまいじゃん!味がめちゃ出てる!
  • ビューズゴーは何よりポケットから出してすぐに吸え、そのまましまえるのが良いな。
  • Vuse Goは味も濃いし、小型ベイプの中では蒸気がしっかり目に出るのでよき
  • めちゃくちゃ美味いし、Vuse Goは、たばこの代わりにできるそうな気がする
  • 底にある青いLEDが結構光っていい感じ
悪い口コミと評判
  • Vuse Go 700ってやつ、何も分からずいきなり吸ってみたらむせたけど、まあ慣れたら大丈夫
  • 吸い方によっては700パフももたないなー#Vuse Go
  • ビューズゴーは、ガツンとくるのが好きな人は物足りないかもしれません
  • 700回に増えたみたいだけど、980円じゃあまだコスパは悪いと思う

Vuse Go 700を吸ってみる前に、口コミや評判を調べてみたが、そこそこ好評のようだ。

とくに味わいに関しては「めちゃくちゃ美味い」や「味がめちゃ出てる」など、好意的な意見が多く、流石は全米NO1と言ったところ。

逆に、「700パフもたない」や「コスパが悪い」など、販売価格に対しての吸える回数に不満を持っている人は一定するいるみたい。

まあ、口コミや評判を見る限り、少なくとも味わいに関しては期待してもよさそうだ。

愛煙犬

美味ければ多少コスパ悪くても目を潰れるからな

Vuse Go 700(ビューズ・ゴー・700)をレビュー

Vuse Go 700のパッケージ

少し前置きが長くなってしまったが、ここからは実際にVuse Go 700をレビューしていく。

今回は販売されている8種類のフレーバー[ミント・アイス/グレープ・アイス/クラシック・レギュラー/グリーン・アップル/ストロベリー・アイス/ブルーベリー・アイス/スイカ・アイス]の全てを試してみることに。

まずパッケージから見ていくと、なかなかオシャレでインパクトのあるデザインとなっており、フレーバーによって色分けされていので、外観からもフレーバーを見分けることができる。

Vuse Go 700のパッケージ裏面
Vuse Go 700パッケージ横側

パッケージの裏面や横側に商品説明や注意事項が記載されている。よくある説明書が無いパターンかな?と思っていたが、きちんと説明書も同梱されていたww

Vuse Go 700の梱包

箱から本体を取り出してみると、しっかりとビニールで密封され梱包されている。私の経験上、ビニールで梱包されている商品には外れが無いのでこれは期待できそう。

デバイスデザイン

Vuse Go 700正面

Vuse Go 700本体の芸上は、使い捨てベイプによくある筒状のタイプ。ただし、少しひし形になっており、転がらないように設計されている。デザインは、フレーバーのカラーに彩られたデバイスの正面にはVuse Goの文字とVuseのロゴが表示されている。

Vuse Go 700裏面

裏面にはスペック情報を記載。(英語記載だし、むちゃくちゃ見にくいけど)

デバイス本体の構造は使い捨てタイプのベイプなので至ってシンプル。上部に吸い込み口があり、底部に空気穴とLEDライトが配置されている。ただ、空気穴部分の開閉で、吸い込みレベル調節できようになっている。

Vuse Go 700とライターの比較

Vuse Go 700のサイズは(長さ10.65 x 幅 1.56 x 高さ1.56 cm)となっている。ライターと比べると長さこそ長いが、ポケットに入れても問題ないぐらいにんはコンパクトなことが分かる。

テスト販売時のデバイスとの違い

Vuse Go 700とVuse Goを比較
左:Vuse Go 700/右:Vuse Go

もう販売していないので比べる必要もないと思うが、一応テスト販売時のVuse Goと何が違うのかを見てみよう。

まず、Vuse Go 700になりデバイスの形状が変わり、ひし形になり転がりにくい形状に変更。さらに、空気穴がAirflowコントロール機能が付き、吸い込みレベル調整することができるように。さらにさらに、吸込み口が人間工学に基づいた形状へと変更され、快適な吸い心地になるよう変更されている。

こうやって比べてみると、ユーザーからの声を受け、より良い商品へと進化していることが分かると思う。

愛煙犬

テスト販売から期間が空いていないのに、これだけ進化させたのは、本当に凄いな!

Vuse Go(ビューズゴー)の使い方

Vuse Go 700のキャップを外す
1:キャップを外す
Vuse Go 700を吸ってみた
2:あとは吸うだけ

Vuse Go 700の吸い方は驚くほど簡単!上下に付属されているキャップを外し、あとは吸うだけとなっている。

使い捨てタイプなので、ボタン操作や充電などの難しい操作はなく、吸うだけで本格的なフレーバーが楽しめるので、電子タバコやベイプ初心者でも気軽に楽しむことができる。蒸気の量を調節したい場合は、空気穴を開閉することで、2段階の吸い込みレベルを設定可能。

吸い終わったら、上下のシリコンキャップを閉めることで、香りが劣化しにくくなるし衛生面的にもいいので、吸い終わったらキャップを閉めた方がいいと思う。

Vuse Go 700の終わりの合図は、LEDが点灯しなくなり、水蒸気が出なくなれば終了。あとは自治体で決まっている廃棄方法で捨てれば完璧だ。

愛煙犬

吸込口のキャップはもっとはめ込みやすいやつがイイのにな

実際は何回吸えるのか?

Vuse Go 700は何回吸えるのか?

Vuse Go 700が何回吸えるのか?については、Vuseの公式の説明では約700回吸引できるとなっている。

しかし!実際に吸ってみると少なかったなんて話も聞くので、本当のところはどうなのか?気なる人もいるだろう。そこで実際に私がどれくらい吸えたのかを数えてみた結果…約640回ほど吸えたので、公式の説明とそれほど大きくは変わらない結果となった。

もちろん、どれくらい深く吸い込むのかによって回数は変わってくるので、一概には言えないが、恐らく私自身が深く吸い込む方だと思うので、基本的には約700回吸えると思って問題ないだろう。

愛煙犬

まあ、BATのグループ会社なので、あからさに盛ることは無いだろう

Vuse Go 700(ビューズ・ゴー・700)を吸ってみての評価

Vuse Go 700
総合評価
( 4 )
メリット
  • 濃いめの味わい
  • コンパクトで持ち運びしやすい
デメリット
  • コスパは良くはない
吸いごたえ
70点
味と香り
80点
使用感
90点

吸いごたえキック感は上々

Vuse Go 700の吸いごたえやキック感は使い捨てベイプとして上々だと思う。初めて吸うとき、おもいっきり吸い込み過ぎたのか、すこしむせてしまった。そのぐらいのキック感はある。

まあ、流石に本格的なベイプとかと比べると劣っているが、蒸気量も爆煙とは言わないものの十分だし、全体的な吸いごたえの満足度は高いかと。

流石に紙巻きたばこを吸っている人だと物足りないと思うが、加熱式たばこを吸っている人なら、代わりとして吸っても満足できる人は多いんじゃないかと。

愛煙犬

吸いごたえを重視しているなら、冷涼感があるミント・アイスとかブルーベリー・アイスがいいと思う

濃い味わいで美味い

味わいに関しては、口コミや評判にもあったように、味がしっかりと出ており、「美味い」の一言。

海外製らしい大味だが、シンプルで濃い味わいとなっており、吸ってみるとなぜ全米NO1なのか?その理由がよく分かる。

フレーバーも8種類と豊富に用意されているので、色々なフレーバーの中から選ぶのも楽しみの1つだ。

コンパクトで持ち運びしやすい

使い捨てベイプなので当たり前と言えば当たり前だが、コンパクトで持ち運びができて、約700回吸えるのは本当に便利だと思う。

最近は使い捨てベイプでも大容量タイプも多いが、持ち運びが容易なサイズ感はこのぐらいがギリギリなので、ベストなサイズと重さなんじゃないだろうか?

さらに、Airflowコントロール機能など、持ち運びサイズでは珍しい機能も搭載し、機能面でも優秀と言えるだろう。

あとは、全国のコンビニで気軽に購入できるようになれば、いつでもどこでも吸えるようになり、日本でも爆発的に流行る可能性は十分あるだろう。

コスパは良くはない

Vuse Go 700のコスパ面は、決して悪くはないが、胸を張って良いとは言えない…

例えば、Vuse Go(ビューズゴー)1個で500回吸えると仮定すると、[980円÷700回=1.4円]となり、計算上1回の吸引で1.4円必要になる。

この1.4円を最近流行っている持ち運びシーシャと比較してみると、コスパが良い方ではあるが、むちゃくちゃイイってわけじゃないことが分かる。

まあ、有名所だと1回の吸引あたり約4円ほど必要な商品も多いので、Vuse Go 700が人気商品であり美味いことを考慮すると、全然納得はできるレベルだ。

Vuse Go 700(ビューズ・ゴー・700)の販売情報

Vuse Go 700の販売店一覧
販売店舗販売価格(税込)
Amazon980円
東京都内のファミリーマート
(12月18日~)
980円
vape studio
(期間限定)
980円

Vuse Go 700の販売価格は980円。販売開始当初こそAmazonでのみの販売となっていたが、期間限定で国内最大級ベイプショップ『vape studio』で販売されていたり、12月18日から東京都内のファミリーマートで販売を開始するなど、販売店の拡大にも精力的な印象。

あとは、全国のファミリーマートに拡大し、全国のコンビニへと拡大なんてことがあれば、日本の電子タバコ(ベイプ)業界でもVuseが覇権を握るんじゃないかと。

ただ、Amazonでは、セールだったり割引の対象となっていることが結構あるので、お得に買いたいって人はAmazonでの購入がオススメだ。

Vuse Go 700(ビューズ・ゴー・700)まとめ┃こんな人におすすめ

まとめ
  • 気軽に持ち運びたい
  • 濃い味わいが好み
  • 本格派の使い捨てベイプを吸ってみたい

今回は、Vuse Go 700の口コミや評判、販売情報について、詳しく解説してみた。

販売開始されて間もないものの、流石は全米No.1のVuse。凄まじい勢いで人気の電子タバコ(ベイプ)の仲間入りをした印象。

このまま、Vuse Go 700が流行れば、BATジャパンが持つ販売網を使えるので、気軽にコンビニで買える未来が来るかもしれない。

愛煙犬

まだテスト販売だが、気になるならAmazonで買ってみてくれ

よかったらシェアしてくれ!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヘビースモーカー⇒加熱式タバコ(アイコス・プルームテック・グロー)
肩身の狭い愛煙家の思いを吐露している

コメント

コメントする

CAPTCHA