プルーム

プルームテック/プラスの専用たばこカプセル銘柄の廃止が決定

プルームテック/プラスの専用たばこカプセル銘柄の廃止が決定

JT(日本たばこ産業)から販売されている加熱式たばこ、プルームテックとプレームテックプラスたばこカプセル銘柄の販売終了し、在庫売りつくしをもって廃止することが公開された。

これにより、現在吸っているたばこカプセルが廃止されてしまう人も中にはいるかもしれない。そうなると、代わりのたばこカプセルを探す必要がある人も多いはず。

ってことで今回はプルームテック/プラスの専用たばこカプセル銘柄の廃止や継続して販売される銘柄についても詳しく紹介していきたいと思う。

愛煙犬

私が吸っていた銘柄も無くなってしまうらしい

プルームテックとプルームテックプラス専用たばこカプセルの一部が販売終了へ

プルームテックとプルームテックプラス専用たばこカプセルの一部が販売終了へ

今回、廃止される銘柄は、プルームテックが2銘柄プルームテックプラスが6銘柄と、かなりインパクトのある廃止銘柄の公開となっている。

廃止されるのは12月中旬以降、在庫売りつくしをもって販売終了となっており、若干の猶予があるので、買い溜めするなりの対処はできそう。

まあ、プルームテックに関しては、縮小傾向なのかな?と言う雰囲気は感じていたが、プルームテックプラス銘柄もかなり減ってしまったので正直驚いている。

需要が無いから廃止されるってことは理解しているつもりだが、プルームテックプラスに関しては、まだまだ販継続して販売していくつもりだろうし、需要が無いにしろフレーバーの選択肢が減ってしまうのは、デバイス自体の魅力が減ってしまうように感じてしまう。

愛煙犬

それじゃあ、それぞれの廃止される銘柄を詳しく見ていこう

プルームテックプラスで廃止されるたばこカプセル銘柄

銘柄名価格
メビウス・ゴールド・ロースト・プルーム・テック・プラス専用580円(税込)
メビウス・ゴールド・クリア・ミント・プルーム・テック・プラス専用580円(税込)
メビウス・ゴールド・マスカットグリーン・ミント・プルーム・テック・プラス専用580円(税込)
メビウス・パープル・ミント・プルーム・テック・プラス専用580円(税込)
メビウス・エナジー・スパーク・ミント・プルーム・テック・プラス専用580円(税込)
メビウス・エナジー・ショット・ミント・プルーム・テック・プラス専用580円(税込)
引用:JTプレスリリース

上記に記載されてる6銘柄が今回廃止されるプルームテックプラスのたばこカプセル銘柄となっている。

プレミアムゴールドとして上位版が販売された銘柄の廃止はしょうがない気もするが、ゴールド・マスカット・グリーンやエナジーラインはたまに吸っていた銘柄なので、無くなっていまうのは、個人的にも正直悲しいお知らせとなった。

販売継続される銘柄

継続して販売されるプルームテックプラス銘柄
  • メビウス・ゴールド・レッド・ミント
  • メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー
  • メビウス・プレミアムゴールド・メンソール
  • メビウス・プレミアムゴールド・フローズン

プルームテックプラス専用たばこカプセルで、これからも販売が継続される銘柄は4種類。

低温加熱式ながらも、強い喫味が特長のプレミアムゴールドシリーズ銘柄を中心に販売が継続され、フレーバー系はゴールド・レッド・ミントのみとなってしまうようだ。

愛煙犬

フレーバーを選ぶ楽しみは無くなってしまったな…

プルームテックで廃止されるたばこカプセル銘柄

銘柄名価格
ピアニッシモ・アリア・メンソール・プルーム・テック専用580円(税込)
ピアニッシモ・ピンク・クーラー・プルーム・テック専用580円(税込)
引用:JTプレスリリース

プルームテック専用たばこカプセルで廃止される銘柄は上記の2種類。

ピアニッシモシリーズのたばこカプセルがこれで全て無くなり、残るはメビウスシリーズのみとなる結果に。

販売継続される銘柄

継続して販売されるプルームテック銘柄
  • メビウス・レッド・クーラー
  • メビウス・パープル・クーラー
  • メビウス・メンソール
  • メビウス・レギュラー
  • メビウス・ゴールド・レギュラー
  • メビウス・ゴールド・メンソール

プルームテック専用たばこカプセルで、これからも販売が継続される銘柄は6種類。

プルームテックは根強い人気があるようで、メビウスシリーズに関しては廃止されない判断を下したようだ。

愛煙犬

プルームテックプラスよりプルームテックの方が選択肢が多くなったな

プルームテックとプルームテックプラス専用たばこカプセルが廃止┃まとめ

まとめ
  • 12月中旬をもって廃止
  • プルームテックは2銘柄
  • プルームテックプラスは3銘柄

今回はプルームテックとプルームテックプラス専用たばこカプセル銘柄の廃止について詳しく紹介してみた。

プルームテックに関しては、現在あまり吸っていないので割りとどうでもいいが、プルームテックプラス銘柄が大幅に減ってしまったの残念で仕方ない。

低温式加熱式たばことして不動の地位を築いているプルームテックプラスなので、JTさんがこれからどうするのか?注目しておきたいところ。

愛煙犬

加熱式たばこは移り変わりが早いな

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA