MENU
グロー

【レビュー】グローハイパープラスを使ってみた感想。何が変わったのか?徹底解説!

グローハイパープラスをレビュー

より強い吸いごたえを求めるユーザーの要望に応えるために販売されたグローハイパー。そんなグローハイパーの販売開始から1年たたずして、さらに進化した加熱式デバイスglo Hyper +(グローハイパープラス)が登場した。

そうなってくると気になるのが「何が変わったのか?」「買った方がいいのか?」だろう。

ってことで今回は、グロハイパープラスについて詳しく紹介していくので、よかったら参考にしてくれ。

愛煙犬

グローハイパープラスか、グローハイパーから何が変わったのか…

グローハイパープラス(glo Hyper +)とは?

グローハイパープラスは、BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)から販売されている、最新の加熱式たばこデバイスのこと。

まず、「グローハイパープラスとは?」を知るためには、グローハイパーについて把握しておく必要がある。
グローハイパーは、従来のgloより太い専用スティックを採用することで、より強い吸いごたえを実現した加熱式たばこだ。

グローハイパーは、より強い吸いごたえを求めていたgloユーザーはもちろん、安価な販売価格と満足度の高い吸いごたえで、紙巻きタバコユーザーも多く獲得した。2020年に一番注目を集めた加熱式たばこだと言っても過言ではない。

そんなグローハイパーを吸いごたえをそのままに。いやさらにプラスし、豊富なカラーを揃え、デザイン性までアップした加熱式デバイス。それが、グロハイパープラスってわけだ。

専用スティックについて

グロハイパープラス専用スティック全10種

グロハイパープラスで使用する専用スティックは、これまでのグローハイパーと同じく、太いスティックとなっている。

つまり、グロハイパーと同じ専用スティックを吸えるってわけだ。

グロハイパー専用スティックは、現時点で全10種販売されており、neo hyper用が7種類、KENT neostiks hyper用が3種類。この全10種類の専用スティックの中から、どれを吸うか選ぶ必要がある。

愛煙犬

専用スティックについては、もう少ししたら全種類レビューしようと思ってるから、少し待ってて欲しい

値段・価格について

グローハイパープラスの価格
デバイス本体480円(税込)
専用スティック(neo hyper用)
専用スティック(KENT neostiks hyper用)
500円(税込)
480円(税込)

デバイスの販売価格は、なんと驚き480円(税込)!

gloのデバイスは、値下げやキャンペーンがガンガンされることは、もはや誰しも知っている事実。

販売開始が980円。すぐに480円に値下げは、衝撃価格と言ってもいいと思う。
gloのデバイスが安いのもそうだが、専用スティックも他の加熱式たばこと比べると安価なので、始めてみるのには取っ掛かり安いのもありがたい。

愛煙犬

この販売価格では、恐らくデバイスでの利益は無いはず
そうなると、専用スティックでかなり利益があるってことだな…

グロハイパープラスとグローハイパーの違いについて。何が変わったのか?

グロー・ハイパー・プラス グロー・ハイパー
主な特長24通りの彩り新高温ブーストであなたを満たす吸いごたえ高温高速加熱と 太いスティックで驚きの吸いごたえ実現
加熱時間通常 20秒 ブースト 15秒通常 20秒 ブースト 15秒
使用時間通常 4分 ブースト 3分通常 4分 ブースト 3分
充電時間約90分約90分
連続使用回数約20回約20回
重量約111g約106g
サイズ高さ83mm 横幅46mm 奥行き22mm高さ82mm 横幅43mm 奥行き21mm
販売価格480円(税込)480円(税込)

上記の表は、グロハイパープラスとグローハイパーのスペックを表してものだ。

こうやってみると、サイズや重さに少しの違いが見られるが、性能や機能などは、ほぼ変わっていないようにも思える。
だがしかし、きっちりと進化しているので、何が変わったのか?特徴を見てみよう。

24通りから選べる豊富なカラーバリエーション

24通りから選べる豊富なカラーバリエーション

グロハイパープラスのカラーは、メインボディ4色とサイドパネル6色を組み合わせることができ、全部で24通りと豊富なバリエーションとなっている。

メインボディサイドパネル
ブラッククロームブラック
ミラーゴールド
ファインマホガニー
エナジーブルー
ボルトイエロー
コーラルオレンジ
ゴールドミラーゴールド
コーラルオレンジ
エナメルホワイト
パールホワイト
サクラピンク
ボルトイエロー
ブルーエナジーブルー
クロームブラック
エナメルホワイト
ピアノブラック
パールホワイト
ボルトイエロー
ホワイトパールホワイト
クロームブラック
エナジーブルー
ピアノブラック
パウダーブルー
ボルトイエロー
glo Hyper +カラーバリエーション

どんなカラーバリエーションがあるのか?を知りたい人は、上記の画像のように、gloオンラインストアで色の組み合わせ見ることができるので、一度見てみるのもいいだろう。

愛煙犬

こういったデバイスの色の名称って、わざと分かりにくくしてるんじゃないかww

新高温ブーストでさらに満足できる吸いごたえ

新高温ブーストでさらに満足できる吸いごたえ

従来のグロープロやグローハイパーにも搭載されていたブーストモードだが、グローハイパープラスでは、加熱温度がこれまでより10℃高くなり、新高温ブーストとなり搭載されている。

吸いごたえと加熱温度の高さは直結するので、グロハイパーより吸いごたえがアップされているのは間違いないだろう。
ただ、加熱温度が上がると、匂いも強くなるので、そこら辺のバランスがどうなってるのかは、実際に吸ってみないと分からない。

まあ、もちろん通常の加熱モードも搭載されているので、匂いがキツイと感じたら、加熱モードを使い分けるのがよさそうだ。

グローハイパープラスの口コミや評判をcheck✔

プルームエス 2.0の口コミや評判をcheck✔

良い口コミと評判

  • 安すぎる
  • 吸いごたえがさらにアップ!

悪い口コミと評判

  • 専用スティックが燃える
  • 交換できない

グローハイパープラスの口コミや評判調べてみたが、まだ発売されて間もないからか、口コミや評判の数は少なかった。

デバイスの価格や吸いごたえなんかには満足している人が多いようだが、専用スティックが燃えるや充電ができないなど、デバイスの不具合も少なからずあるみたい。

デバイスの不具合は、どんな商品でも多少は仕方ない。ただ、交換などのサポートにも不満があるのは問題だとは思う。

【レビュー】グローハイパープラスを吸ってみた

グローハイパープラスのパッケージ

パッケージは黒を基調としたシンプルな感じ。
これまでど同様に、メインパネルの色が下の方に表示されている。

グローハイパープラス同梱内容

同梱されているのは、[glo™ Hyper+デバイス/クリーニングブラシ/USBケーブル/ACアダプター/ユーザーガイド/保証書など]となっている。

デバイスの外観・見た目

グローハイパープラス正面

今回私が選らんだのは、ゴールド・ミラーゴールド。選らんだ理由としては、一番選びやすいとこにあったからww

まあ、金色はこれまでにない配色だし、高級感があってイイ感じ。

グローハイパープラス充電差込口

USBタイプCの充電用ポートは、これまでと同じ位置に配置されている。
充電時間が90分、連続使用回数が20回なのは、グロハイパーと同じ。

グローハイパープラス上部

上部も高級感っぽい素材に変更されているので、専用スティックを差し込むのときのテンションも少し上がるぞ。

グローハイパープラス底部

底部には、クリーニングブラシを差し込む穴と、製品番号は記載されている。

グローハイパープラスとグロハイパーの正面からの比較
正面はシンプルに

グローハイパープラスとグローハイパーロゴ部分の比較
ロゴがサイドへ

グロハイパーとのデザインの大きなデザインの変更点としては、メインボディとサイドパネルの色が選べることと、ロゴがサイド側になり、正面はシンプルになったところかな。

使い方

使い方は、グローハイパーと同じ。
基本的には、専用スティックを挿し込み、電源ボタンを押すだけ。

加熱モードはボタンを長押しする時間で変わるが、一度使ってみれば、誰でも分かる操作性だ。後はライトの点灯で充電の残量を見ることができる。

  • ブーストモード:電源ボタンを5秒間長押し
    (3秒後、そして5秒後に軽く振動、2回目の振動で手をはなす)
  • 通常モード:電源ボタンを3秒間長押し
    (3秒後に軽く振動、手をはなす)
ライト充電残量
4つ点灯フル充電
3つ点灯75%充電
3つ点灯50%充電
1つ点灯25%充電
1つ点滅要充電

グローハイパープラスを使用してみた感想

グローハイパープラスを使用してみた感想

カラーバリエーションが増え、高級感もある

配色こそ違えど、どのカラーバリエーションも高級感がアップしているように感じる。

まあ、グローハイパーのジャンキーな感じも嫌いじゃなかったが、スタイリッシュで高級感があるグロハイパープラスの方が好みって人も多いんじゃないだろうか?

愛煙犬

サイトパネルがツルツルになったから、指紋むちゃくちゃつくけどな…

若干の吸いごたえアップ

新ブーストモードとなり、加熱温度が10℃上がったので、吸いごたえもかなり上がっているかも?と期待したが、吸ってみた感想としてはそれほど変わらないと思う。

一応レギュラータイプのオークとメンソールタイプのフリーズメンソール。2種類の専用スティックを吸ってみたが、強い違いは感じない。

強いて言うとするなら、味がクッキリと感じるようになった気が。こもった感じの味が、カラットした感じの味になっている。

 左:グロハイパープラス/右:グローハイパー
愛煙犬

吸い終わった後を比べてみると、若干グロハイパープラスの方が加熱されている

デバイス本体が熱くならない

グロハイパーを利用していた人なら知っているだろうが、グロハイパーは加熱すると(特にブーストモード)、本体の温度が心配になるぐらい熱くなっていた。

まあ、そういう仕様なのかな?と思っていたが、グローハイパープラスになってから、デバイスの素材が変わったのか?本体はあまり熱くなることは無くなった。

愛煙犬

気にならない人は気にならないだろうが、私個人としては、結構嬉しい進化だったな

グローハイパープラスってどこで購入できるの?

グローハイパープラス販売情報

  • 販売価格:480円(税込)
  • 販売店舗:glo公式オンラインストア/gloストア/全国のコンビニ/たばこ販売店


グロハイパープラスの販売店は5月3日より、glo公式オンラインストア/gloストア/全国のコンビニ/たばこ販売店となった。

ただし、コンビニやたばこ販売店でグロハイパープラスを購入するには、注意が必要だ。コンビニやたばこ販売店では、通常のモデルとは違うグロハイパープラスが販売されており、販売価格も980円と違ってくる。

個人的には、コンビニよりも、公式オンラインストアで購入をオススメするが、コンビニの方がいいって人は、別記事にて、解説してみたので、参考にして欲しい。

グローハイパープラスコンビニ販売情報
グローハイパー/プラスのコンビニ販売情報まとめ┃割引・キャンペーン情報も BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)が販売する加熱式たばこ、グローハイパープラスがコンビニでの販売を開始する。 ...
愛煙犬

私は、glo公式オンラインストアで買ったぞ

グローハイパープラスまとめ┃こんな人におすすめ

今回は、グローハイパープラスについて詳しく解説&レビューをしてみた。

まあ、吸いごたえや匂いに関しては、そんなに変わらないので、驚くべき進化とは言えないのが正直な感想だ。

ただ、デザイン性が上がったのは間違いないので、グローハイパーを買おうと思ってた人や、新しいグローハイパーが欲しいって人は、グローハイパープラスを買ってみるといいだろう。

愛煙犬

デザインの幅が広がったから、個性も出せるぞ